駅チカ物件のポイント|芸術性の高いデザインを設計する建築家|洗練された住宅を造る方法

芸術性の高いデザインを設計する建築家|洗練された住宅を造る方法

駅チカ物件のポイント

家

環境を考慮する

高級住宅地の開発が盛んで、物価も高め傾向となる京阪沿線で戸建て購入、あるいは一からの家づくりを計画する場合、住む環境まで重視する必要があります。例えば、駅前は便利さがあり、ショッピングモールや行政機関なども集中しています。ですが、所変われば住まいも変わる点に着眼点をおくことも、戸建て住宅では注意点です。住まいづくりは建物だけを考えがちですが、家を建てる土地のことを知ることも必要です。停車駅近くで検討する場合、駅を利用する人の視線や騒音なども難点となり、プライバシーを守る工夫をプランに反映させておくことが必要です。例えば遮音性もその1つで、周りの環境や住まいでの騒音は空気伝搬音と個体伝搬音があり、二重サッシや壁、床材にこだわるのも1つの手です。また、駅前の立地の良い場所での戸建てでは、エクステリア工事も必要です。プライバシー確保には、門扉や塀や植え込みなど、住宅の周囲を整えることが治安の面を含め、求められます。

次代にあわせた探し方

京阪沿線では、戸建て分譲なども展開しており、小・中規模で住まい探しを行う場合、沿線やエリアなどに縛られずに購入が可能です。賃貸と違い、京阪沿線で戸建て住宅を探す場合、多くは家族との暮らしが展開されています。京阪沿線は、通勤や通学にも便利な生活環境が特徴で、移住や住み替えを視野に入れる世帯は増えています。ライフスタイルに合わせた住まい探し又は、家づくりを行う場合、機能性のみならず、沿線近くは子供との暮らしの場合に安全性にも配慮する必要もあります。さらに京阪沿線を中心に大規模な住宅地も近年開発され、不動産の価格もはね上がっています。人気の高いエリアでは、次代を見据えた街づくりが展開される傾向にあるため、豊富な経験やノウハウを持つ不動産会社を選ぶことも必要となります。