芸術性の高いデザインを設計する建築家|洗練された住宅を造る方法

芸術性と快適性

インテリア

ワンランク上の住まいを叶える建築名鑑

建築家を東京で探すなら評判を参考にしよう。事例が写真でも紹介されているので、一緒にチェックしてみませんか。

周りに溶け込む住宅

不動産会社や建築事務所などが多数点在する東京では、デザイナーズ物件が話題性を集め、自ずと建築家への戸建て受注が増えています。一般的に建築士との違いとして、芸術の分野で活躍しています。建築士は匠の技を活かし、構造や設備、家と土地の規制など、比較的広範囲で携わります。一方、建築家は意匠面を中心とした芸術性に特化した携わりで、デザインを優先するケースが実状として挙げられています。戸建ての計画がある場合、建築物の機能や法的規制なども考慮する必要があり、建築家選びでは実績も重要です。自由度のある建築物が東京の都心では多く、スケールの大きい店舗や公共施設のデザインなどの実績より、個人向けの実績から選ぶことがポイントです。建築デザインを重要視する建築家も多く、色彩感覚などのスキルが高い場合、住宅街では景観の差が生じてしまう可能性もなきにしもあらずです。

同性による提案

不動産業界で女性建築家も近年活躍しており、女性ならではの感性で家造りを行ってくれます。特に東京都心に戸建ての計画を立てる場合、土地の価格や広さなども限られてしまいます。ですが、傾斜地などの不動産は比較的手に入りやすく、こうした安価な敷地に見合った家ではなく、安価に見せない家造りも展開できます。と言うのも、建築家の多くは建造物にこだわりを持ち、作品として評価されるもの造りを主に手掛けています。東京のニーズにあわせ、評価の対象となるデザイン性はもちろん、女性ならではの視点で設計に一工夫を施してくれます。基本、女性は欠点をカバーすることに強みがあり、敷地面積が狭い・形状がいびつである場合にも色や素材などにこだわり、視覚効果で広く見せる工夫も施してくれます。また、施主と同じ年代の女性建築家を選ぶことで、温度差なく戸建て計画が進められます。

高気密高断熱の輸入住宅

man

日本人には西洋風住宅への憧れがありますが、それを実現するのが輸入住宅のスウェーデンハウスです。デザインの良さだけでなく、高気密高断熱に優れた住宅です。従来の和風住宅に飽き足らない人には最適の住宅です。実際に建てる時には建築実績の多い建設会社を選ぶことが大事で、坪単価なども交渉力によって安くできます。

詳細

駅チカ物件のポイント

家

京阪沿線上には暮らしやすい公共施設も多く、また、駅を利用する人の数も多いため、通勤や通学でも利便性があります。戸建てを検討する世帯も多く、家族構成に合わせた住まい探しや家づくりが求められますし、沿線という環境に配慮することも大切です。

詳細

探すポイント

man and woman

茅ヶ崎で土地を探すなら、土地探しのポイントをいくつか押さえて探しましょう。そうすれば、長く住みやすいお家を建てることができます。快適なお家を手に入れるための方法をご紹介します。

詳細